久留米で人気bPの整体カイロ/メディアにも多数掲載の話題の整体で口コミサイトで人気1位のカイロプラクティックです。

ナカシマ カイロプラクティックのWebサイトのHOMEへ戻る
ナカシマ カイロプラクティック/ご利用案内
お客様の感動の声 (動画)
インターネット限定クーポン
初めての方へ
カイロプラクティックとは
施術の流れ
アトピーの改善
ナカシマ カイロプラクティック/痛み改善コース
痛み改善コース
肩こりの改善
腰痛の改善
頭痛の改善
しびれの改善
その他の体の不調
ナカシマ カイロプラクティック/美容カイロコース
美容カイロコースについて
小顔矯正について
美脚改善について
美容骨盤矯正について
不妊の改善

ナカシマ カイロプラクティック/院のご紹介
スタッフ紹介
料金
お客様の声 (用紙)
メディア掲載・社会貢献活動
プロの推薦者の声
リンクについてA

ナカシマ カイロプラクティック/インフォメーション
代表挨拶 ( 経歴 )
営業時間・アクセス
よくある質問
24時間対応予約システム
求人案内
プライバシーポリシー

厚生労働大臣認可 カイロプラクティック療法振興事業協同組合 指定院

主な症状の原因と治療法 - 腰痛

一般的な整形外科や整体院などの治療では、

なぜ腰痛は完治しないのか?

なぜ、当院では短期間で効果を実感できるのか?

 腰 痛 とは
腰痛は、約1000万人の方が悩まされている日本でも最もポピュラーな疾患です。

最近では若い方からお年寄りの方まで幅広くみられるようになりました。

一口に腰痛と言っても、さまざまで

・安静時には痛まない

・動いている時は痛まない

・いつもズキズキ痛む

・ 朝一番腰が伸びない。腰が張ってくる

・立ったり坐ったりが腰痛できつい

・動かすと腰が痛い

・ じっと座っていると腰が張ってくる

・立っていると腰が重くなる、また腰が痛くなってくる。

・ 臀部から足にかけて痛みやしびれがある

・動かすと腰が痛い

・常時腰痛があり、特に歩き始めがつらい

・ 寝ていてもズキン・ズキンといやな腰痛がある
(夜間痛)

・ 腰が抜けるような痛み

・ 腰から上半身にかけて症状がある。

・朝、腰に鈍痛がある

・重いものを持ったとき腰にくる

・腰痛で車の運転がきつい などなど・・・

があります。

 腰痛の原因

腰痛に悩まされた経験のない人はおそらくいないのではないでしょうか。

一生の間に腰痛を経験する人は、10人中8人とも9人とも言われています。

(10人中10人でないのが不思議なくらいですが。)


腰痛に悩む人が10人いれば、10通りの症状や原因が存在すると言われるほどです。

ここでは急性腰痛と慢性腰痛に分類して説明してみます。

急性腰痛(ぎっくり腰)
重たいものを床から持ち上げようとしたり、体をひねった瞬間になる方が多いようです。

中には靴下をはこうとしたり、顔を洗おうと腰をかがめたときに痛めてしまう方もいます。


ぎっくり腰で比較的問題になりやすいのが、仙腸関節と呼ばれる骨盤にある関節の捻挫です。

関節は筋肉や靭帯などの軟部組織により補強されていますが、仙腸関節には筋肉による補強がありません。


さらに仙腸関節はちょうど上半身と下半身を連結している部分に位置するため、運動学的に 大きな負荷のかかりやすい関節となっています。


このように解剖学的、運動学的に仙腸関節はもともと痛めやすい関節なわけです。

慢性腰痛

慢性腰痛の原因は"同じ動作の反復"です。


腰をかがめて長時間作業したり、重たいものを持って移動したり、また長時間座った状態で いたりすることが原因になります。


同じ動作を反復することで、筋肉や靭帯、関節(関節包)などに何度も負荷が加わります。


そしてこれらの構造の許容量を超えてしまうと、自覚症状として"腰痛"が現れ始めます。

また『姿勢』も慢性腰痛に大きな影響を及ぼしています。


医学的には側弯症や胸椎の過剰後弯曲などがこれに当てはまります。

側弯症というのは、脊柱が左右にぶれた状態のことを言います。

また胸椎の過剰後弯曲はいわゆる"猫背"のことです。


さらに立位(立った状態)や座位(座った状態)における重心位置が、脊柱の姿勢に影響します。


姿勢の改善(特に脊柱の姿勢改善)を達成するためには、いくつか考慮すべき点があります。


つまり姿勢を悪化させている要素を取り除く必要があるわけです。


つまり慢性腰痛の根本的治療は、これらの運動学的・神経学的問題を改善させることに なります。

以下にその具体的内容を列記します。
・筋肉バランスの改善(前後にある筋肉、左右にある筋肉)

・固有受容感覚(平衡感覚など)の再教育

・関節で発生しているズレ(サブラクゼーション)の改善

・筋肉や腱、靭帯、神経などに生じている"癒着"の除去
それらの異常を正常に戻すことで腰痛の改善を目指します。

▲このページのTOPに戻る

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板とは背骨と背骨の間に入っている緩衝材です。

圧迫力の衝撃吸収を行っています。

< ヘルニア(Hernia) というのは"突出"という意味です。

つまり椎間板ヘルニアというのは、"椎間板の突出"という意味になります。

この椎間板の突出が腰部で起こった場合、『腰椎椎間板ヘルニア』と呼ばれます。

背骨の間からは神経(脊髄神経)が伸びています。椎間板ヘルニアが発生すると、この神経を圧迫・刺激する可能性があります。

腰部にある脊髄神経は末梢部において束になり、それが"坐骨神経"になります。

つまり腰部(腰椎)において椎間板ヘルニアが起こり、さらに脊髄神経を圧迫・刺激することで坐骨神経痛が発生するわけです。

ただし椎間板ヘルニア=坐骨神経痛でありません。

椎間板ヘルニアがあっても脊髄神経を刺激していない限り、坐骨神経痛の症状は現れません。

さてそれでは、どのようなメカニズムで椎間板ヘルニアが発生するのでしょうか?


■椎間板ヘルニアの原因はさまざまです。

最近では遺伝子の関与もあるという研究報告があります。


何らかの機械的刺激(重いものを持ったり、体をひねったりなど)が引き金になることも多いです。

このようなケースでは潜在的な問題が影響を及ぼしていると考えられます。

例えば腰椎にサブラクゼーション(骨のズレ)がある場合、この状態では椎間板には不均一な負荷がかかっています。

つまり椎間板のある領域には大きな負荷(圧迫力)がかかっているということです。

もしこのようなコンディションのまま、腰部に負担のかかるような運動を行うと当然のように傷害リスクは高くなります。


椎間板ヘルニアを予防するためには、普段からこのような潜在的問題を除去し背骨のコンディションを良好に保つ必要があります。

さてこのようにサブラクゼーションが原因の一部であったとしたら、このサブラクゼーションを 除去することが椎間板へかかっている負荷を除去することにも繋がります。

脊髄神経が圧迫・刺激された場合、上肢への関連痛(手、腕のしびれや感覚麻痺など)が  主症状になります。これは片側の上肢に現れます。
慢性化するに従い、上肢の筋力低下が起こります。

握力の低下や指先の細かい動作が難しくなったりします。

例えば服のボタンの掛け外しが困難に感じたり、箸が扱いにくくなったりなどの症状が現れて きます。

脊髄の圧迫・刺激は、さらに深刻な症状を引き起こします。

この場合は手や腕の感覚異常だけでなく、脚のしびれなどの原因にもなります。

さらに体幹(わき腹や背中など)にも感覚異常が見られるようになります。

また比較的早い時期に筋力低下が起こり、この症状は四肢(手足)に及びます。

以下のような症状がある場合は、要注意です。

  • 手足のこわばり


  • 運動に伴う脱力感


  • 長時間(10分以上)の歩行困難


  • 以前よりも転倒が多くなった


  • 排尿時の痛みや残尿感

頚椎ヘルニアでは椎間板の突出が起こっていますが、それと同時に椎骨のズレも発生して います。

ズレにより、椎間板へかかる圧(圧迫力)が不均一になり、圧迫力が強く加わっている部分を 外に押し出す(ヘルニア)わけです。

カイロプラクティックでは、ズレを矯正で改善させることで、椎間板にかかっている負荷を 除去し、ヘルニアを改善させます。

それに従い上記のような症状の改善を目指します。

▲このページのTOPに戻る

施術のご予約方法(電話番号 0942-27-9765)

ご予約は簡単です。

電話で、
@「ホームページ見ました!」
A今の症状、ご要望を伝える
Bお名前と電話番号を伝える
C希望日時を伝える


たった4つを伝えるだけ!
では、今すぐにどうぞ!!

でも、電話じゃちょっと恥ずかしい・・・・そんなあなたには、メールでも受付しています。
→メールでの問い合わせの方はこちらからどうぞ!

(物品の販売は一切いたしません。当院は技術で勝負します!!)




▲このページのTOPに戻る

COPYRIGHT(C)2010 (国際整体)ナカシマ カイロプラクティック ALL RIGHTS RESERVED.